財団概要

沿革

HOME > 財団概要 > 沿革

設立までの準備

 設立にあたって、平成7年11月29日に設立発起人会が開催された。設立発起人代表に向坊隆氏(当時(社)日本原子力産業会議会長)が選出され、また、森亘氏(日本医学会会長)を理事長とする理事15名、監事2名の役員候補者が選出されるとともに財団設立に必要な寄附行為等が定められた。その後、財団の設立準備が整い、平成8年2月29日に設立許可申請書を科学技術庁ならびに厚生省に提出し、同年3月26日付で両省庁から設立許可を得、本財団の設立の運びとなった。

沿革

平成8年3月26日 内閣総理大臣、厚生大臣、科学技術庁長官より公益法人設立許可を得て設立

平成 8年 4月

国からの委託事業等による調査分析事業を開始

平成 8年 4月

関係研究機関等の技術支援事業を開始

平成 8年 6月

企画委員会を設置

平成 8年 9月

医用原子力技術に関する研究助成事業を開始

平成10年10月

ホームページ開設

平成16年 4月

計測校正事業(治療用線量計校正事業)を開始

平成16年11月

広報誌「医用原子力だより」創刊

平成16年12月

第1回 医用原子力技術研究振興財団 講演会の開催

平成18年 3月

創立10周年(記念祝賀会、記念誌「10年のあゆみ」製作)

平成19年 8月

文部科学省委託事業「粒子線がん治療に係る人材育成プログラム」開始

平成19年 8月

千葉事業所の開設

平成20年11月

JCSS(計量法校正事業者登録制度)登録事業者の認定を取得
平成21年1月よりJCSS校正を開始

平成21年 4月

「線量校正センター」の開設(旧「千葉事業所」)

平成22年 6月

賛助会員向けメールマガジン「医用原子力メールマガジン」創刊

平成24年 4月 公益財団法人へ移行
平成24年 7月 国際重粒子線がん治療研修コース(ITCCIR)の第1回を開催
平成24年12月 事業展望および財務に係る委員会報告を受け事業運営方針決定
事業の選択と集中により事業内容を見直し
平成25年 2月 日本橋小伝馬町ニッケイビルへ事務所移転
平成25年 3月 研究助成事業、医学物理士研修支援事業を休止
現在に至る

↑ページTOPに戻る