放射線治療品質管理

申込方法(分離校正)

HOME > 放射線治療品質管理 > 申込方法(分離校正)

電離箱単体JCSS校正または電位計単体JCSS校正のお申し込みは、必ず治療用線量計校正受託要綱をご確認のうえ、以下に従って行って下さい。

1

お問い合わせ(仮予約)
校正を受けるにあたり、はじめに校正実施日の仮予約を行って下さい。
校正は、毎週水曜日から木曜日にかけて実施しており、週単位で予約を受け付けております。仮予約は電話またはメールにて受け付けております。
電位計単体JCSS校正では、受け入れ可能な型式を設定しています。あらかじめ、受け入れ電位計一覧(電位計単体JCSS校正)をご確認ください。
分離校正の旨をお知らせのうえ、電位計台数、電離箱極性数(または円筒形本数、平行平板形本数)をお伝えください。

●初めて分離校正を受ける施設においては、必ず「電離箱と電位計の両方」を同時に仮予約して下さい。
●過去に分離校正を受けている施設の場合、次の各項のうち、該当する項に従って下さい。
(A)前回の電位計単体JCSS校正証明書に記載されている校正実施日(起算日)から3年が経過していない電位計を所有している場合
方法1: その電位計に接続して使用する電離箱に限り、起算日から3年を経過した日までの期間に対して「電離箱のみ」の仮予約が取れます。
方法2: 「電離箱と電位計の両方」を同時に仮予約するならば、期限なく仮予約が取れます。
(B)前項で示された電位計を所有していない場合、必ず「電離箱と電位計の両方」を同時に仮予約して下さい。

問い合わせ先:

(公財)医用原子力技術研究振興財団 線量校正センター 業務管理係
TEL:043-309-4330
E-mail:info-kosei@antm.or.jp

メールでのお問い合わせには、少々お時間を頂いております。お急ぎの場合はお電話でのお問い合わせをお願い致します。
予約状況によって、希望日程に添えない場合がございます。あらかじめご了承下さい。

2

申込書の作成

校正日の仮予約後、「治療用電離箱の校正申込書」および「治療用電位計の校正申込書」へ必要事項をご記入下さい。
申込用紙は、「ダウンロードページ」にご用意しております。
記入にあたっては、申込用紙附属の記入要領をご拝読のうえ、以下の記入例を参照下さい。
※電離箱と電位計とで書式が分かれておりますのでご注意下さい。
※電離箱、電位計ともに、校正実施日(仮予約段階)を含む週毎に1枚の申込書が必要です。

2-1.治療用電離箱の校正申込書の記入例

電離箱単体JCSS校正について記入例を示します。青字の部分が記入項目となります。

申込日は、校正申込書をFAX/メールで送信する日付をご記入下さい。
校正実施日は、お問い合わせ時に決定した校正実施予定日をご記入下さい。
「1.電離箱所有者」は、電離箱を所有している事業所(病院)の情報をご記入下さい。
※事業所名は校正証明書に記載されます。正式名称を記入いただきます様お願いします。


仲介業者をご利用される場合は仲介業者の情報を記入下さい。
電離箱所有者(病院)が直接申し込みされる場合は記入の必要はありません。


型式、製造番号は正確にご記入下さい。
※校正日当日、実物と申込書で不一致がある場合は確認の連絡いたします。

前回校正年月日
測定によって得られた校正定数は、前回の校正定数と比較する事により評価しています。以前に校正履歴がある電離箱(一体校正を含む)は「前回校正年月日」を、初めて校正を受ける電離箱の場合は「新規」とご記入下さい。
※新規電離箱の場合はメーカー出荷時の校正定数と比較を行います。メーカーの校正定数がございましたら電離箱に同梱してお送り下さい。
修理年月日
修理によって校正定数が大幅に変動する場合がありますので、前回校正年月日以降に修理を行った場合は必ず修理日をご記入下さい(細かい日付が不明でしたら、年月だけでも構いません)。
※電離箱修理時のメーカーの校正定数がございましたら、電離箱に同梱してお送り下さい。
高電圧の大きさ
電離箱所有者が普段使用している時の「高電圧の大きさ(絶対値)」をご記入下さい。
収集電荷の極性
円筒形電離箱は、必ず電離箱所有者が普段使用している時の「収集電荷の極性」について「正」か「負」でご指定下さい。平行平板形は、両極性の測定に基づき校正定数を得るため、無記入または「平行平板形の為、両極性」とご記入下さい。
※円筒形電離箱で両極性の校正を申込みされる場合は、2行に分けてご記入下さい。
電位計確認
ご依頼電離箱を接続して使用する電位計について、お手元にある「電位計単体JCSS校正証明書」を参照し、記載されている校正日が本校正実施日(仮予約段階)から3年以内であることを確認して下さい。確認できない場合、必ず電位計単体JCSS校正を本校正と同時に予約して下さい(仮予約が別途必要です)。
該当するチェック欄(「3年以内の履歴有」および「電位計同時予約」)にレ点を入れて下さい。
※「3年以内の履歴有」が確認できても電位計同時予約は可能です。
防水確認
平行平板形電離箱A10(cap)、23343(cap)、34045(cap)、PPC40、PPC05、NACP-02、P11、34001の水中校正をご依頼される場合は、必ず電離箱発送直前に浸水させても問題ないことをご確認の上、申込書原本のチェック欄にレ点を入れて下さい。
※防水キャップが必要な電離箱は、キャップを装着した状態のままお送り下さい。キャップが不装着状態で到着した場合には校正をお断りすることがあります。

搬入方法
輸送機関を利用される場合は、依頼もとでの元払いでの発送でお願いします。財団宛の着払いはお受け取りできません。
直接お持込みされる場合は、ご来訪日時をご記入下さい。
搬出方法
搬出時に指定可能な輸送機関は「福山通運」もしくは「佐川急便」となります。
輸送保険をご希望される場合は保険金額をご記入下さい。
※輸送時における故障等のトラブルにつきましては保証致しかねますので、なるべく保険をお掛け下さい。
※返却用の伝票を同梱されて依頼される場合は、事前に財団にご確認いただけますようお願いします(ご指定の輸送会社によって保険金額によりお取扱いできない場合がありますのでご了承ください)。
直接お引取りされる場合は、ご来訪日時をご記入下さい。
電離箱返送先
「1.電離箱所有者(担当者)」と返送先が異なる場合はご記入下さい。
※ご記入が無い場合は「1.電離箱所有者(担当者)」へ返送致します。

請求書の書式
書式にご指定がない場合は、当財団の書式にて「請求書」、「納品書」、「見積書」を作成致します。
指定請求用紙を希望される場合は、校正日までに当財団線量校正センターへ請求用紙をお送り下さい。
電離箱に同梱されても構いません。
記載する宛名
ご記入が無い場合は「1.電離箱所有者(事業所名)」を記載致します。
請求書送付先
「1.電離箱所有者(担当者)」と送付先が異なる場合はご記入下さい。
ご記入が無い場合は「1.電離箱所有者(担当者)」へ郵送致します。
連絡欄
その他連絡事項がありましたらご記入下さい。

2-2.治療用電位計の校正申込書の記入例

電位計単体JCSS校正について記入例を示します。青字の部分が記入項目となります。

申込日は、校正申込書をFAX/メールで送信する日付をご記入下さい。
校正実施日は、お問い合わせ時に決定した校正実施予定日をご記入下さい。
「1.電位計所有者」は、電位計を所有している事業所(病院)の情報をご記入下さい。
※事業所名は校正証明書に記載されます。正式名称をご記入いただきます様お願いします。


仲介業者をご利用される場合は仲介業者の情報を記入下さい。
電位計所有者(病院)が直接申し込みされる場合は記入の必要はありません。


型式、製造番号は正確にご記入下さい。
※校正日当日、実物と申込書で不一致がある場合は確認の連絡をさせていただきます。

前回校正日(一体校正含む)
測定によって得られた校正定数は、前回の校正定数と比較する事により評価しております。以前に校正履歴がある電位計(一体校正を含む)は「前回校正日」を、初めて校正を受ける電位計の場合は「新規」とご記入下さい。
修理年月
修理によって校正結果が変動する場合がありますので、前回校正日以降に修理を行った場合は必ず修理年月をご記入下さい。
チャンネル番号(一部の型式)
電離箱接続端子(チャンネル)を複数搭載している型式のみ、チャンネル番号をご指定下さい。
※複数のチャンネルをご依頼の場合、2つ目以降の番号も同行欄にご記入下さい。
※レンジ名の指定は現在のところ、受け付けておりません。一体校正で依頼実績のあるレンジに対して、外部放射線治療用照射装置のモニタ線量計の校正で用いられる電荷の範囲について校正致します。

校正前の点検結果
本校正(電位計単体JCSS校正)を依頼される場合、電位計の送付前に「放射線治療用線量計に用いられる電位計のガイドライン」(日本医学物理学会 発行)に沿った点検作業を実施されることを推奨します。
校正前に行うべき点検項目として、次の項目があります。
1) ゼロ点ドリフト
2) ゼロ点シフト
3) 電荷漏れ(電流積算方式を除く)

各点検手順および許容値は、同ガイドラインの「8.4.項 ユーザーによる電位計の点検」または「6.2.項 製造販売事業者による電位計の点検」をご参照下さい。

各結果が同ガイドラインの定める許容値以下であった場合、申込書原本にレ点を入れて下さい。 許容値を超える場合、電位計の故障や顕著な経年劣化が疑われるため、修理や買い替えをご検討下さい。
同ガイドラインが参照する「最小入力電流Ieff」および「最小入力電荷Qref」は、受け入れ電位計一覧(電位計単体JCSS校正)に併記おりますので、ご参照下さい。

搬入方法
輸送機関を利用される場合は、依頼もとでの元払いでの発送でお願いします。財団宛の着払いはお受け取りできません。
直接お持込みされる場合は、ご来訪日時をご記入下さい。
搬出方法
搬出時に指定可能な輸送機関は「福山通運」もしくは「佐川急便」となります。
輸送保険をご希望される場合は保険金額をご記入下さい。
※輸送時における故障等のトラブルにつきましては保証致しかねますので、なるべく保険をお掛け下さい。
※返却用の伝票を同梱されて依頼される場合は、事前に財団にご確認いただけますようお願いします(ご指定の輸送会社によって保険金額によりお取扱いできない場合がありますのでご了承ください)。
直接お引取りされる場合は、ご来訪日時をご記入下さい。
電位計返送先
「1.電位計所有者(担当者)」と返送先が異なる場合はご記入下さい。
※ご記入が無い場合は「1.電位計所有者(担当者)」へ返送致します。

請求書の書式
書式にご指定がない場合は、当財団の書式にて「請求書」、「納品書」、「見積書」を作成致します。
指定請求用紙を希望される場合は、校正日までに当財団線量校正センターへ請求用紙をお送り下さい。
電位計に同梱されても構いません。
請求書に記載する宛名
ご記入が無い場合は「1.電位計所有者(事業所名)」を記載致します。
請求書送付先
「1.電位計所有者(担当者)」と送付先が異なる場合はご記入下さい。
ご記入が無い場合は「1.電位計所有者(担当者)」へ送付致します。
連絡欄
その他連絡事項がありましたらご記入下さい。

3

申込書の送付
申込書のご記入が終わりましたら、FAXもしくはメールにて線量校正センターに送信して下さい。申込書が届いた時点で予約完了となりますので、お早めの送信をお願い致します。
※押印した校正申込書は郵送にて線量校正センターまでお送り下さい。電位計発送時に電位計に同梱されても構いません。

【申込書の送付先】

〒263-0041 千葉市稲毛区黒砂台3-9-19
(公財)医用原子力技術研究振興財団 線量校正センター 業務管理係
FAX:043-309-4331
E-mail:info-kosei@antm.or.jp

↑ページTOPに戻る