放射線治療品質管理

データ記入シートへの記入方法

HOME > 放射線治療品質管理 > データ記入シートへの記入方法

 照射データ記入シートの内容は、測定結果の算出に使用するため正確に記入して下さい。照射装置1台につき1枚、4条件につき1枚の作成をお願い致します。なお、FFF (Flattening filter free)条件、FF条件とは別シートとなりますのでご注意下さい。また、TomoTherapy条件、CyberKnife条件は専用シートとなります。

1. 基本情報

装置
照射装置の「製造業者」「名称」「シリアル番号」をご記入下さい。
担当者(対応者)
照射内容についてお問い合わせする場合がありますので、 照射に携わった方をご記入下さい。
モニター校正日
または
基準条件測定日
直近の測定日をご記入下さい。
線量計
測定に使用した線量計についてご記入下さい。
財団で校正された線量計の場合は、校正日とND,wもご記入下さい。
線量評価プロトコル
線量評価に使用しているプロトコルをご記入下さい。
ファントムの種類
モニター校正に使用したファントムの種類をご記入下さい。
水ファントムの場合は防水鞘の使用・不使用についてご記入下さい。
個体ファントムの場合は名称も記入して下さい。

2. 照射記録

リニアック用シート

ピースNo
使用した測定ピースの記号-番号を記入して下さい。
FFF条件の測定には記号「SP」のピースを使用して下さい。
DMU[Gy/MU]
最大深における値を記入して下さい。
TMR
校正深における値を記入して下さい。
照射野
正方形照射野のサイズを記入して下さい。
ウェッジ
ソフトウェッジをご使用の場合は、連絡欄等にてお知らせ下さい。
計算MU
校正深において処方線量1.0GyとなるようにMUを計算して下さい。
照射MU
実際に照射したMUを記入して下さい。
計算MUと照射MUから照射線量を算出します。

TomoTherapy用シート

ピースNo
使用した測定ピースの番号を記入して下さい。
測定には記号「SP」のピースを使用して下さい。
HTTPR20,10
TPR20,10
直近で測定された値をご記入下さい。
照射時間 [sec]
処方線量が約1Gyとなる照射時間をご記入下さい。
照射線量 [Gy]
照射した線量をご記入下さい。

CyberKnife用シート

ピースNo
使用した測定ピースの番号を記入して下さい。
測定には記号「SP」のピースを使用して下さい。
CKTPR20,10 直近で測定された値をご記入下さい。
計算MU
処方線量が1GyとなるようにMUを計算して下さい。
照射MU
実際に照射したMUを記入して下さい。
計算MUと照射MUから照射線量を算出します。

3. その他連絡欄

その他の照射データに関する連絡は「3. その他連絡欄」にご記入下さい。ご不明点等がございましたら、下記の連絡先までお問い合わせ下さい。

(公財)医用原子力技術研究振興財団 線量校正センター
TEL:043-309-4330
FAX:043-309-4331
E-mail:info-kosei@antm.or.jp

↑ページTOPに戻る