人材育成

粒子線がん治療に関する人材育成セミナー(専門コース)

HOME > 人材育成 > 粒子線がん治療に関する人材育成セミナー(専門コース)

 当財団では、粒子線がん治療に関する人材育成セミナー「専門コース」を平成31年1月25日(金)~26日(土)に東京駅のすぐ側で開催します。

「専門コース」は、すでに粒子線治療に関わっている専門家もしくは専門家をめざす方を主な対象とし、知識の体系化、リフレッシュに役立てていただくものです。

最近の粒子線治療の技術的発展と粒子線治療施設数の増大に鑑み、「専門コース」のプログラムを一部見直し、より効率的に最新の粒子線治療の知識を得ていただく場として提供することといたしました。具体的には、従来の3日間コースは時間的な余裕が多すぎるのではないかという受講者のご意見に応えて、講演量を減らさず2日間コースとし受講しやすくいたしました。また、必要性の薄れた講義に代えて、トピックスとして最新の成果を開発者ご自身に講演していただく場を設けました。

以下に「専門コース」の開催要領と受講について記載します。施設センター内で、ご関心のある方々に周知いただければ幸いです。皆様のご参加をお待ちします。



―粒子線がん治療に関する人材育成セミナー(専門コース)―

■日  時:平成31年 1月25日(金)9:40~17:15 (開場 9:30)
              1月26日(土)9:40~17:00

■会 場:フクラシア八重洲(東京)(会場アクセス)
     〒103-0028東京都中央区八重洲2丁目4-1ユニゾ八重洲ビル3F


■対 象: ・粒子線治療の専門家、もしくは専門家をめざす方
      ・すでに粒子線治療に関わっている医師・医学物理士・診療放射線技師
      ・医療機器関連企業エンジニア
      ・粒子線治療関連分野の大学院生・研究者など
      ・入門コースの修了者でさらに学びたい方

■参加費:40,000円・テキスト代込(学生の方は、20,000円)

    (入門コースの修了者は、30,000円、学生は15,000円)


■定員:40名


■アクセス:

■セミナー内容:

1月25日(金)

9:40~11:10

「粒子線治療の概要」
遠藤 真広 氏
公益財団法人医用原子力技術研究振興財団

11:10~11:50

「スキャニング照射の原理と実際」
古川 卓司 氏
国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構放射線医学総合研究所

13:00~14:30

「粒子線治療物理」
福田 茂一 氏
国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構放射線医学総合研究所

14:45~16:15

「放射線生物学」
古澤 佳也 氏
国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構放射線医学総合研究所

16:15~17:15

「粒子線計測とQA」
歳藤 利行 氏
名古屋陽子線治療センター

1月26日(土)

9:40~10:20

「画像を用いた患者自動位置決めと呼吸同期照射」
森 慎一郎 氏
国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構放射線医学総合研究所

10:20~11:50

「粒子線治療装置」
野田 耕司 氏
国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構放射線医学総合研究所

13:00~14:30

「がんの診断と治療」
小泉 雅彦 氏
大阪大学大学院 医学系研究科 保健学専攻

14:45~15:45

「粒子線治療の実例(陽子線)」
奥村 敏之 氏
筑波大学附属病院

15:45~16:45

「粒子線治療の実例(重粒子線)」
末藤 大明 氏
九州国際重粒子線治療センター

粒子線がん治療セミナーは、一般財団法人 医学物理士認定機構が認定する講習会です。
セミナー終了後、認定番号を明記した修了証明書をお渡しいたします。

■お申し込み方法:

下記の申込書をダウンロードしていただき、必要事項をご記入の上、

FAXまたはE-mailにてお申込みください。

1.FAXでの申し込み             :申込書ダウンロード

2.E-mailでの申し込み           seminar@antm.or.jp

■お問い合わせ先:
〒103-0001
東京都中央区日本橋小伝馬町7-16ニッケイビル5階
TEL5645-2230 FAX3660-0200

↑ページTOPに戻る