本『切らずに治す粒子線治療』のコンテンツは国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構 放射線医学総合研究所より
公益財団法人 医用原子力技術研究振興財団に管理・運営が委任されています。
これらの著作権は国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構 放射線医学総合研究所に帰属しています。

切らずに治す粒子線治療

重粒子線がん治療の流れ

HOME > 切らずに治す粒子線治療 > 重粒子線がん治療の流れ


 放射線医学総合研究所の重粒子線治療を例にとって、患者さんが病院の受付、 検査、治療、退院までの標準的な流れを 説明します。 治療の流れは対象部位によって多少異なります。

 現在、重粒子線治療の適応となっている症例は次の通りです。

脳腫瘍、頭頚部腫瘍、肺がん、肝がん、膵がん、子宮がん、直腸がん(術後)、前立腺がん、骨・軟部腫瘍、 眼球腫瘍、涙腺がん、食道腫瘍




 下の流れ図の枠内をクリックすると、その説明のページにジャンプします。

病院受付 問診 医師による診察 入院 検査 診断 固定具の製作 治療計画用CT撮像 説明と同意 倫理審査 治療計画 治療計画カンファレンス ボーラス・コリメータ製作 照射リハーサル 照射 治療中の診察・検査 治療終了後の検査 治療終了時の説明 退院 経過診察

↑ページTOPに戻る