放射線治療品質管理

治療用線量計校正事業

HOME > 放射線治療品質管理 > 治療用線量計校正事業

線量計校正について

 当財団では、平成16年4月より治療用線量計校正事業を開始しました。本事業は、社団法人日本医学放射線学会(日本全国14カ所の医療用線量標準地区センター)にて行われていた校正事業を引き継いだものです。本事業は、線量校正監理委員会の監理・監督のもとで行われています。線量校正監理委員会は、社団法人日本医学放射線学会、一般社団法人日本放射線腫瘍学会、日本医学物理学会、社団法人日本放射線技術学会、医療用標準線量研究会、国立研究開発法人産業技術総合研究所、国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構放射線医学総合研究所の代表者、および有識者によって構成されています。

 当財団は、平成20年11月26日付けで「計量法校正事業者登録制度(JCSS)」の認定を受け、JCSS登録事業者となりました。これにより、JISQ17025(ISO/IEC17025)に準拠した校正機関の能力を有することが認められ、平成21年1月よりJCSS認定での校正業務を開始しました。

↑ページTOPに戻る